読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【しつけブログ】犬の噛むを防止させたり賢いわんちゃんへ

犬のしつけや犬の知識についてまとめたブログです。犬が噛む吠えるなど防止できたりしつけできたわんちゃんになってもらえるように情報をシェアします。

犬用に床滑り止めワックスは実際にどうなの?メリットデメリット紹介します。

フローリングなんかでわんちゃんを
飼うと犬が足を滑らせてしまう姿を
みることがあると思います。

少し心配になりますよね。

 

和室などは畳の上なのであまり
心配ありませんが、

 

やはり洋室でフローリングだと
ほぼ間違いなくすべるっ!

滑るだけならまだしも
足腰に負担がかかってしまうので

 

老犬になったときに
足を引きずったり
してしまう可能性も。。

 

床に滑り止めのワックスも
市販されていますが
実際にどうなのか?

 

メリットとデメリットを
まとめてみました!

滑り止め用ワックスのメリットは?

f:id:masasuperstar:20170426050924j:plain

 犬用のワックスをメリットは

 

  • 滑らなくなる
  • 犬の足の怪我を防げる
  • おしっこなども汚れない

 

などいいことづくめです。

滑らないようになるだけで
これだけ違います。

 

またソファから降りたときも
軽いクッションがあるので
足の関節にもやさしいですね。

 

ワックスの効果でおしっこ
などもさっとふき取れるます。

滑り止め用ワックスのデメリットは?

 

スポンサーリンク

 

  •  値段が高い
  • 自分で塗るのに技術が必要
  • ワックスの素材が限定される
  • 塗り直すメンテナンスがいる

 

この4つですね。
メリットもでかいですが
デメリットもまあまあです^^;

 

ワックスを自分で
塗るという手間があります。

広ければ広いほど
塗るのに大変になってきます。

 

そしてやはり犬が走り続けて
いくと次第にワックスが
とれてくるので
1年一度ほど塗りなおしが
必要になってくるんですね。

 

 

そして犬の足に当然ワックスが
付着するので

”天然素材のワックスを
 選ばないといけません”

 

そうなってくるとやはり
通常のものより高価になってきます。

 

 

滑り止めワックスの他に対策方法は?

ワックスが以外には

  • ジョイントマットを敷く
  • 犬に靴下を履かせる
  • ラグやカーペットを敷く

 

などがあります。


ワックスを塗るという選択肢だけでは
なくこちらも選択肢の一つとして
選んでみるといいですね。

 

 

 まとめ

フローリングで生活していると
犬の病気ヘルニアや脱臼、関節炎に
なる可能性が高くなります。

 

老犬になればなおさら確率は
グンっと高くなるので
早めの対策をしていきましょう。

滑らなくなればこちら側の
心配も一つなくなりますので

 

犬、飼い主ともにストレスのない
生活を送りましょう。